駐車場が狭いことと、2階が総ベランダ出ないことが、失敗です

新婚の時は家を買いたいとは考えてなかったのですが、子供が生まれて日々成長するなか、泣き声やドタバタと動き回る日常が、アパートの住民に迷惑をかけていないか気になるようになりました。

子供がいるご家庭ばかりでは無かったので、本当は「ウルサイ!!」と思われているのではないか、気が気ではありませんでした。

そんな時に、建て売り住宅の見学販売会の折り込みチラシがポストに入ってきて、頭金は無いし買えないけど、将来の勉強と思って見に行ったのです。

広々したリビング、緑の芝生が綺麗な庭、2階のクローゼットの大きさも申し分なく、子供部屋も2部屋。

足を伸ばして親子で入れるお風呂。

何もかもアパートとは比べ物にならない快適さ!それでも、今は無理だからと見るだけで帰りました。

が、案内を担当してくれた不動産屋の方が熱心に通ってきて。

とにかく、最大限頑張りますから!と押しきられ、あまり比較検討する余裕もなく、「我が家は買いますよ!」という流れのもと、他のいくつかの物件を駆け足でみて、夫も覚悟を決めて売買契約書に判子を押しました。

そんな慌ただしい決断でも、幸せこの上ないと思っていたのですが、住んでみたら、駐車場の幅が狭くて開閉時にぶつけるし、並列駐車が出来ないので、いちいち入れ替えなきゃならないし、2階のベランダも2部屋分しか繋がってないので、子供一人分の布団が隣の部屋に行かないと干せないし。

納得して買ったはずですが、やはり建て売りは自分の完璧な理想を満たすのは難しいと思い知らされました。

慌てて、不動産屋のプッシュに流されて、じっくり検討しなかった自分の落ち度だと後悔してます。

人生最大の買い物は、とにかく慌てずに納得できるまで調べることですね。

よく読まれてるサイト⇒神奈川区の注文住宅