大事な人の墓を守るなら…

家の品物を片付ける

ある程度体力がある状態でも、重い家具の移動や高いところに収納している品の整理を行うことは非常に大変です。老前整理を行う際には専門業者の力を借りることで楽に行うことができます。

» もっと読む

体が元気なうちに

世の中は片付けブームです

ここ何年か、片づけブームのようです。断捨離と言う言葉をよく耳にしますし、遺品整理や、生前整理を行う業者も増えてきました。その対極に、いわゆるゴミ屋敷というものが問題にもなっています。いずれにしても、片づけたいけれどなかなか片付けられない人が多い証拠ではないでしょうか。遺品整理は故人の部屋の片づけ、生前整理は高齢者が自宅から介護施設などに移る際の片付けを指します。どちらも急きょ行われるイメージがあります。それに対して老前整理という言葉が注目されています。これは文字通り、老いる前に身辺を片付けて快適な老後を送ろうというものです。前述の2つに比べ、老前整理は前もって自分の意志によって片づけができるのが特徴です。

まずは小さなものから片付けましょう

老前整理をする場合、何から手を付けていいのかわからない方も多いようです。まずは衣類、食器、写真の整理など小さなものから始めるといいでしょう。どれも思い出が詰まっていて捨てるに捨てられない結果、大量に保管してあるのだと思います。これをいきなり捨てるのには抵抗があるでしょう。そんな場合は、衣類や食器をリサイクルに回したり、買取ってもらうといいでしょう。買取業者に連絡すれば出張見積りにも応じてくれるようです。アルバムに入った写真などは、データベースに移すサービスをしている業者に頼むと簡単にコンパクトに保管できます。衣類などが片付いたら家具を少し処分できるでしょう。家具も減れば最終的には、今よりもコンパクトな家に住みかえたり、2階建てを平屋に減築される方もいるようです。家賃が安くなったり、固定資産税が安くなったり、老前整理は物の整理だけでなく心も出費も軽くしてくれるようです。

老前整理の方法

歳を取って体力や判断力がなくなる前に不要品を整理したいと考えて、荷物の整理を行うことを老前整理と言います。エンディングノートを付けることも老前整理の1つで初めて取り組む人も何を行うのかわかりやすく記載されています。

» もっと読む

自分の遺品を決める

生きているうちに自分の遺品整理を行いたいと考えて老前整理を行うという人がたくさんいます。中には老前整理を専門的に行なっているサービスも出てきており一気に荷物を整理することができます。

» もっと読む